2017年6月4日日曜日

映画「貞子VS伽椰子」

映画「貞子VS伽椰子」

絶対に見なければ・・・と思っていましたが、
今まで視ずにいました。
WOWWOWで放送していたので視聴。


貞子の呪いにかかってしまった山本みずきの友人。
呪いを解こうとするが、大学教授、女霊能者が犠牲者になる。
犠牲になった女霊能者が、もしもの為に呼んでいた強力な霊能者が登場。
霊能男は、盲目の霊能少女を連れており、ペアを組んでる。

山本みずきは、自分もビデオを見て、自ら貞子の呪いにかかる。

しかし、友人は死亡。


霊能男は、
貞子の呪いを解く為に、山本みずきに伽椰子の呪いもかけさせて、
両者で山本みずきを取り合い?させ、両者の呪いを相殺させようと考える。

伽椰子に殺される寸前だった女子高生を救った霊能男は、
その女子高生(←つまり、加耶子の呪いにかかったまま)と山本みずきを一緒に伽椰子宅に侵入させる。

女子高生は、伽椰子宅で呪いのビデオを視聴。つまり、貞子の呪いにもかかる。
山本みずきは、伽椰子宅に入ったことで、伽椰子の呪いにもかかる。

つまり、両者、両方の呪いにかかったことになる。

まず、俊雄が貞子の髪の毛によって、テレビの中に連れ込まれる。

そしていよいよ、貞子、伽椰子の登場。

先制攻撃は、伽椰子の抱きつき攻撃。俊雄をさらわれた怒りか?
しかし、貞子の髪の毛からませ攻撃に一旦離れようとするが、

貞子髪の毛攻撃により、伽椰子は爆発?
しかし、復活した?伽椰子(そもそも霊体?なので、実体?の爆発は意味がないようです)は、

貞子の一部であるビデオを握り潰す。

場所を外に移した両者は、山本みずきを取り合う為に、空中で激突!
レビューなどでは、貞子伽椰子のプロレスがあると沢山の人が書いていますが、
肉弾戦は、前述の伽椰子抱きつき攻撃と、この空中激突のみでした(カットされていたのか?)

両者は融合一体化し、巨大な触手のある大木のようなモンスターへと変貌(クトゥルーっぽい)
そして、最後は、伽椰子のように這って登場するが、立ち上がり、
貞子のように棒立ちではなく、「一応立ってはいるが伽椰子っぽい奇抜な動きで前進する貞子+伽椰子」になる、


貞椰子(さやこ)?・・・でいいのか?


2017年2月27日月曜日

2016年は新世紀元年だったか?

1年ぶりのこのブログへの書き込みとなります。


去年、2016年は新世紀元年になるか? を書き込みましたが、

その翌日、北朝鮮がミサイルを打って、

おぉーっ!と思いましたが、それ以降は特に何も起こらず、

(地震はあったかな)

それ以外では、年末、トランプが大統領に当選したこと位でしょうか。


それとも、トランプがアメリカ大統領になったことが、
全世界天変地異カタストロフの原因になるのでしょうか???




2016年1月4日月曜日

2016年は新世紀元年になるか?

いや実は、2016年は何かが起こる(変わる)ような気がしています。

毎年々々、新年が来るたびに、
オカルト・マニアの間では「○○の予言は実は今年を指していたのだ!」とか、
「●●の予言は今年と推察することができる!」とか、
毎回「今年こそ(来年こそ)何かが起こる」と叫ばれています。
もう、「お約束」の年中行事。
クリスマスやハロウインのように毎年やってくるオカルト・マニアの「行事」「祭り」


しかし、しかしです。
2016年は、何だかとっても「起こる」ような気がします。
私は予知能力がある訳でもなければ、カンが鋭い訳でもありません。
しかし、でも、何だか「起こる」ような気がするのです。

世界情勢を見ても、どこもかしこも不穏な空気が満載です。
(今までののそれとはレベルが違うような気がします)
世界を一変させるような新技術も目白押しです。
(まさに一変させるような技術がた~くさん!)

だからなのか、そんなのは関係ないのかよく分かりませんが、
何だかとっても「起こり」そうです。

で、予言をちょっと検索したら、
ババ・ヴァンバの予言のページを発見しました。
2016年から5079年までが、予言されています。

一篇の小説を読むような、いやそれ以上のエキサイティングな展開です。
想像力がかき立てられるような内容です。

http://sugisaku39.com/5749.html
(↑これは私のサイトではありません)

どうでした?
面白かった?でしょ?

何だか凄いことになってるでしょ???







私は「幽霊の科学(このブログ)」とは別に、
「超能力と超脳力の科学と研究開発」というブログを書いています。
しかし、今回の内容は、
超能力や超脳力のシステムなどを考察するのが目的ではないので、
このブログに記載しました。